年齢を重ねるごとに不安になるアルツハイマーとの向き合い方

認知症の一つのアルツハイマー。
高齢化社会などの問題よりも現実手敵に貴方の母親や父親、又はパートナーがアルツハイマーになる可能性が心配では無いでしょうか。

年だから物忘れが多くなった母親や父親と如何に向き合うか。
それが病気なのか単なる加齢による物か判断は難しいでしょう。
まずは情報収集から初めておくべきでしょう。

アルツハイマー病とは?

アルツハイマー病とは進行性の脳の病気で、記憶や思考力が徐々に低下していき、最後には寝たきりとなり、家族の顔すらも分からなくなってしまう事もあります。
現在の医療技術では治癒はできず、進行を遅らせる治療法しかありません
脳の状態としては、アルツハイマー病になると、脳全体で神経細胞が死んでしまいます。
多くの方が亡くなるまでの10年以上の間で脳の大半の機能に影響を与えながら、徐々に脳の萎縮が進み、認知症の症状が続いています。

今の医療ではアルツハイマーの進行を遅らせる事しかできません。

安価で安全なお薬をお探しでしたらこちらをご参考下さい。
大手製薬会社サンファーマ社のメマリー・ジェネリック(アドメンタ10mg-Admenta)

アルツハイマーテスト
デマ画像で、このようなアルツハイマーテストはありません。

アルツハイマー病の症状

「オレオレ詐欺」等で何故、そんなことが判断できずに被害にあうのか?というニュースを見聞きする事もあるかもしれませんが、
高齢者にとっては思考力、判断力の低下というのは避けられないのかもしれません。

若者はもう少し年配の方への気配りをしてあげて欲しいモノです。

高齢による物忘れではなく、実は「アルツハイマー」が進行しているかもしれません

アルツハイマーの2つの症状
これらの症状において患者さん自身は病気との認識がありません。

1.脳の細胞が壊れて起こる中核症状

2.行動・精神症状とも言われる周辺症状

中核症状:主に記憶障害が起き、最近のことが覚えられず、同じことを何度も聞いたりします。
病気が進むと昔の経験や、学習した記憶も失われます。
 ・見当識障害:今日がいつか今どこにいのかがわからなくなる。
 遂行機能障害:順序だてて作業(料理等)が出来ない。
 失認:見たものが何か分からない。(家族の顔やご飯を見ても食事だと判断が出来ない)

▼周辺症状:今まで出来たことができなくなり、落ち込んだり、癇癪(かんしゃく)を起こしたりと乱暴になる人もいます。
 徘徊:自分の居場所が分からなくなる。
 妄想:「物を盗られた」「夫が浮気している」など
 睡眠障害:昼夜逆転し、夜になるとさらに妄想や幻覚などが加わって出やすいのが「夜間せん妄」です。

どちらの症状にしてもゆっくり進行をしていきます。
環境(人や時間、場所)によっても発症する症状が異なるようです。

アルツハイマー型認知症の進行スピード

軽度認知障害:発病を遅らせることが出来る時期
日常生活には支障がない状態。
この段階で異常に気付けば発病を遅らせ事が出来ます。
些細な物忘れをするようになったら注意が必要です。
*加齢だからと片づけない。

軽度:初期のアルツハイマー
明らかな物忘れを周囲が気づき始める状態。
本人も自覚し始めるため失意により「うつ症状」などが出る事もある。
何度も同じような質問をしたり、曜日感覚がない等。

中等度:認知機能の低下が進行
記憶力の低下により最近の出来事の記憶が乏しく、意識も合間になってくる。
計画を立てた作業(料理等)や簡単な計算もできなくなってくる。
人との接触が避けるようになる。

重度:認知機能の喪失
症状としては介護が必要になるので明らかに、周囲の出来事や周囲の環境について対応できない状態。
特に注意が必要なのは「徘徊」が出てしまう場合です。

発病」時期を遅らせるか「進行」を遅らせるかは大きな違いがあります

アルツハイマー病の原因

アルツハイマー病は脳組織(アミロイド斑、神経原線維)に変化が見られます。
さらに脳の中の神経細胞のつながりに異常があるのが特徴です。

脳組織に「タウ」という異常タンパク質(アミロイドβ)が蓄積する事で、海馬の細胞を壊し萎縮が始まります。
最後には脳全体の萎縮となり、このような進行は10年以上の長期間をかけて進行されると考えられています。

約10%の発生割合の「家族性アルツハイマー病」では遺伝子の異常が判明してきています。
ですが、ほとんどの患者で異常たんぱくが蓄積する原因はわかっていません。

脳の萎縮の原因は明確には分かっておらず、10年以上の期間をかけて進行します。

アルツハイマー病の診断

一般的な検査は以下のような方法があります。

1.試験式の認知機能検査
2.CTやMRIでの脳の萎縮状態を確認する検査

「認知機能検査」は、比較的短時間で記憶力や判断力の低下を判定できる検査です。
*あくまでも認知症の「可能性」有無を判定し、その後、必要ならばCTやMRIを使用した検査になります。
また、近年では「認知機能検査」は運転免許更新時には75歳以上は認知機能検査が必須となりました。

アルツハイマー症状の発見で難しい点は、患者が他人や同居していない家族の前ではきちんと受け答えをします。
普段合わない家族に電話で近況確認をしても問題を発見しにくい点になります。

アルツハイマーと認知症

アルツハイマー型認知症も認知症の大きなカテゴリー内の含まれることになります。

「認知症」とは、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりしたためにさまざまな障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態のことを指します。
どの認知症にしても脳が影響を受けること機能が損なわれて行き、精神活動も身体活動もスムーズに運ばなくなります。

認知症は病名ではなく、まだ病名が決まっていない“症候群”です。
つまり医学的には、まだ診断が決められず、原因もはっきりしていない状態のことを表しています。

例として、風邪が風邪症候群となり、咳や喉の痛み、鼻水、発熱などの症状があるが、根本的原因がはっきり判断出来ない状態です。
よって治療は、症状を軽くする対症療法が中心で、その原因を取り除く根治療法を行っていくには、より詳細な検査が必要とされます。

「加齢による物忘れ」と「認知症による物忘れ」

もの忘れには「加齢」によるものと「認知症」が原因となるものがあります。

前者は、脳の生理的な老化が原因で起こり、その程度は一部のもの忘れが殆どです。
何かきっかけがあれば思い出すことができます。本人の自覚もあり、進行性はなく、また日常生活に支障をきたしません。

後者は、脳の神経細胞の急激な破壊による起こり、もの忘れは物事全体がすっぽりと抜け落ち、何かのきっかけが有っても思い出すことができません。
本人に自覚はなく、進行性であり、日常生活に支障をきたします。

「加齢によるもの忘れ」と「認知症によるもの忘れ」の違い

加齢によるもの忘れ認知症によるもの忘れ
原因老化病気
体験した事一部を忘れる全てを忘れる
もの忘れの自覚ありなし
日常生活支障はない支障がある

アルツハイマー病の治療

異常タンパク質の蓄積の原因が解明されてない為、根本的な治療法がありません。
ですが、脳内に不足される物質を補う事で病気の進行を遅らせる事は可能となっています。
その他に異常な行動に関しては抗うつ剤などが使用されます。

現在、異常タンパク質が溜まらないようにする治療が開発されつつあります。

アルツハイマー病と家族の向き合い方

アルツハイマー病は現代の医学では進行を遅らせる事しかできませんので、早期発見が非常に重要です。もし症状した場合はケアが重要ですが症状が重くなると家族一人で介護・看護し続ける事は非常に困難です。

患者の訴えを周りの人が相手にしないと、見捨てられたとさらに妄想が強くなることもあります。
その人らしさを大切にして、妄想などの訴えには必ずその人なりの原因があること、昔を思い出す話や作業は患者の安心感を得られることなどを覚えておきましょう。

powered by アルツハイマー製品詳細

もの忘れ・認知症・アルツハイマー病
タイトルとURLをコピーしました